Top / D / 2010-08-06

Cメロ譜の弾き方(1)

メロディーとコードだけ書いてある譜面をCメロ譜と呼ぶことがある。物理的に書く量が少なく済むので書きやすく、コードも書いておけばほとんどの意図が伝わる利点があり、ボーカリストが伴奏者に渡したり、バンドの譜面なんかで良く使われる汎用性の高い形式だ。そのかわり行間や意図を読まなければならないので、慣れないとどう弾いていいかわからないという欠点もある。Cメロ譜と言ってもC調という意味ではなく、「コンサートキーですよ」の意味合いが強い。今回は伴奏(メロディーを弾かない形式)やバンド(ベースもメロディーも弾かない形式)ではなく、Cメロ譜をピアノだけで弾いてみよう!

pic1.png

ポップスっぽい曲。Cメロ譜だとだいたいこの程度の情報量が普通だ。今回ベースが居ないのでベース音もピアノで弾く。教科書通りコードを弾いてみると以下のようになる。

pic2.png

立派にコード通り弾けた。左手はコードトーンの1,3,5を忠実に弾いた。これだけでも要件を満たしている。ただ、いくつか不満点があって、一番の不満は実際に弾いてみるとすぐわかるが、下の和音が濁る。低い音が濁る限界をローインターバルリミットと呼んだりして、厳密にリミットの定義は無いんだけど1小節目のド、ミは一般的には限界を超えていると言えるだろう。左手パートをまるまるオクターブ上げてもいいけど、そうすると今度はベース感が薄れてしまう。意図して濁った和音が欲しいならこの譜面通りでもいいんだけど、ピアノならもっと綺麗に響かせられるはずだ。こういう時は3度の音をオクターブ上にして10度にして、下から、ド、ソ、ミにする。10度だとほとんどの人は片手で弾けないので、分散和音にして弾くのだ。

pic3.png

メロディーとかぶらないように、ベース音はオクターブ下げた。さっきより低い音を使っているけど十分分散しているので濁りはないだろう。ポップスっぽい曲ならこの10度のアルペジオだけでもそこそこのクオリティーで弾くことができ、汎用性が高い。コードから実音に変換するにはある程度別の慣れが必要だけど、Cメロ譜どう弾けばいいかわからないという方は「とりあえず10度でアルペジオ」おすすめです。結構いけるよ。


添付ファイル: filepic3.png 370件 [詳細] filepic2.png 400件 [詳細] filepic1.png 372件 [詳細]

[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2010-08-07 (土) 05:21:19 (2724d)