水やばい

水やばい。まず水に10m潜るとプラス1気圧。水深10mで2気圧、20mなら3気圧。水深10,000mのマリアナ海溝は1,000気圧やばい。

宇宙はせいぜい0気圧、地上との差わずか1気圧。でも水に潜るとたった10mで+1気圧。上空100,000mよりも海底の方がよっぽど遠い。やばい。

水は100度で沸騰する当たり前。でもこれ1気圧以下の時の話。圧力鍋で2気圧にすると沸点120度。100度で沸騰しない。218気圧の時に沸点が374度、しかもこれ以上の圧力がかかると沸騰できなくなる。218気圧以上の気圧がかかると水はどんなに温度を上げても沸騰できなくなる。なにそれやばい!

218気圧以上かかって沸騰しなくなった状態を超臨界流体と呼び、この時の水は油と混ざる。やばい。「水と油」て比喩は超臨界流体だと通用しない。常識が通用しない。やばい。

てことは水深2170m以上の場所は水がどんなに温度上がっても沸騰しない。海底火山が噴火しても沸騰しない。

水深1mで水遁の術をすると1.1気圧下で1気圧の空気を吸うことになる。高圧力下で低圧力を吸う、これ常人じゃ不可能、忍者じゃないと無理。さすが忍者すごい。水やばい。

全部水深と水圧の受け売りでした。このページすごく面白いですよ!

二酸化炭素の超臨界流体

  • 超臨界流体の話より

    樽入りのビールを押し出すのに緑色の炭酸ガスボンベを使いますね。あの中には液化した二酸化炭素が入っています。揺らすとチャプチャプ音がしますからすぐにわかります。ところが、夏の暑い日だと気温は30℃を超えます。二酸化炭素の臨界温度は31℃。ということは、真夏の炭酸ガスボンベの中身は・・・超臨界二酸化炭素になっている可能性が高いのです。超臨界流体になると、液面がなくなりますから、もうボンベを揺らしても音はしません。

超臨界流体がこんなところに!二酸化炭素もやばい!

  • 水深と水圧 -- 理科おじさんの部屋
  • 2 超臨界水 -- 文部科学省 東京大学環境安全研究センター助教授 大島義人 -- によると、正確には超臨界状態は 「密度の高い水蒸気」、あるいは「気体と液体の両方の性質、あるいは中間的な性質を持った流体」として捉える方が正しい考え方であろう


[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2013-01-28 (月) 23:59:22 (2118d)