生姜焼き談義

曇り、たまに雨。今日はテニスの日。どんなに天気が悪くても僕らがテニスコートに到着するといつだって雨がやむ。直前まで悪天候だったわけで良いコートもキャンセル多くて借り放題( ´∀`)

僕がまだお子様ランチを食べられるくらいの歳の頃、父ちゃん母ちゃんとファミリーレストランに何度か行った記憶がある。僕の枠で注文したお子様ランチは母ちゃんの好物。ある日父ちゃんはタレが辛いのか、お皿に角度を付けてタレを寄せて、豚生姜焼きを食べてた。山盛りお肉はまだ僕には早い。それ以来、僕の中では豚生姜焼きは大人の食べ物になった。そしてプログラム会社で働くようになってからは柏駅付近の生姜焼きと名のつくランチを食べ尽くして回るのだった。

夜は豚生姜焼きを作った。僕の作る豚生姜焼きはまじうまい。世界で2番目にうまい。母ちゃんがよくお弁当に入れてくれた豚生姜焼きが世界で1番うまい。



[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2011-09-29 (木) 05:08:38 (3547d)