To learn Java

Javaを勉強するということは、3つのことを同時に勉強することと言われています。Javaの言語文法と、システムライブラリーと、OOPLです。Javaの文法はジェネリックを除くとそんなに難しくないでしょう。ジェネリックはJava1.5で取り入れられたとても便利な機能ですが、難しいので後回し(OOPLで言う型が理解できた後)にしてもよいと思います。クラスライブラリーはJavadocを読むことで理解できます。特にjava.langとjava.util内のクラスは一通り見ておくとよいでしょう。OOPLの概念を学ぶことは、独学だと少し難しいかもしれません。しかし、OOPLは設計手法の考え方なので一度学んでしまえば、他のOOP言語でも通用します。私はOOPLは本、勉強会、フレームワークプロダクトや優秀なプログラマ達とのプロジェクトで学びました。私が学習に使った本を上げておきます。私が読んだ本はすべて日本語翻訳版です。あなたのわかる言語で翻訳されていれば、きっと学習の助けになるでしょう。

Learning Java means 3 different things at once. Java language syntaxes, its libraries and OOPL. Syntaxes are easy but may a little difficulties on generics. Generics are the usefully epoch making in the Java1.5 (Java5) changing, but I suggest you to learn later because of the difficulties. Reading Javadoc1.6 helps you to understand system libraries. Especially, the classes in java.lang and java.util are important. Learning OOPL is... a little harder to understand by only self efforts, i think. however, it's a thinking like a design method, so you can use the thinking to not only in Java but also other languages C++, Ruby, C#, Scala and more object oriented languages. I got the knowledge from working sessions, framework products, in projects with clever programmers, and some books. I put books which I used to learn Java. All the books I read are Japanese translated. It will help your understanding if you can got the translated books you can read.



[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2011-09-26 (月) 18:05:11 (3550d)