晴れ。今日はビジョナリーカンパニー研究会に混ぜてもらった。従業員の評価制度はどうするのがベストなんだろうというお題に対して、一般的な評価制度やクレドに基づいた評価制度の話、モチベーション面での有効性なんかの話も出たけれど、第2巻の「だれに報酬を支払うかが問題で、どう支払うかは問題ではない」に照らし合わせると結局理念重要だよねという結果になった。適切な人がバスに乗ってさえいればモチベーションの維持に頭を悩ます必要なんて無かった。こりゃむずかしい。



[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2011-01-25 (火) 01:41:34 (3802d)