芸術と初見

曇りだったかな。一件小さな改修案件を引き受けたので着手開始。夕飯までには一通り終わったので柏にご飯食べに行った。特に驚きもなければ事故もない平和な一日。久しぶりにJ-WaveのOZ Meet Jazzを聞いた。この中で小曽根さんは興味深いことを言っていて、調性の違いについてお話されていた。具体的に何調がどうとかはあまり言っていなかったけど、キーによるカラーは非常に重要なので、曲をカバーする時はなるべくオリジナルキーで弾くように生徒さんにも言っているとのこと。なるほどねー!

最近は初見練習を中心に練習しているが、音楽性を高める上では、初見はあまり重要で無いと思う。世の中には芸術的な初見技術を持った人は確かにいるけど、今からじゃとてもじゃないけどその域にはたどり着けない。でも苦手意識を捨てられるくらいにはなりたいし、初見で弾いて楽しい思いをしてみたいので長い目でやっていきたい。初見さえ出来れば芸術的に高まるかというとそうでもないので、他の練習もしないとなぁ。



[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2010-07-12 (月) 03:05:05 (3994d)