条件分岐はバグの元

くもり。PHPと譜面を書いた。

先日提出したプロバイダへの登録用紙が不備があったようで、けっこうな量の説明書とともに返送されてきた。どこに不備があったのか詳しく書いてないので理解するまでも一苦労である。この手の文書は非常に読みにくく、条件分岐も激しい。今回も最初の文書を提出した段階で個人での使用がわかっているのだから「法人の場合はここを〜してください」なんて混ざっている文書などよこす必要はない。やって貰いたいことだけを伝えれば良い。

プログラムでも同じで、基本的に条件分岐の数だけバグが多くなると言われている。ではどうするかというと、コード中で条件分岐するのではなく、各ケースごとになるべくシンプルなコードを用意し、コントローラーで条件にあったプログラムを呼び出す。一見効率が悪そうだがシンプルなコードで構築されたプログラムは理解しやすい、バグが少ない、と優秀である。



[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2009-12-14 (月) 13:53:54 (4205d)