流星ワゴン / 重松 清

疲れ切ったお父さんとその家族のお話。こういう派手ではなく、地味なんだけど感動できるいい話はとても好きです。読む速度が遅い僕でも400ページ強のボリュームはテンポよく読めました。P186で泣いて、P427でやたら泣いた。

いない人の事は思い出になるけど、
 生きてる人は思い出だけで行きてくことはできないんだよ



[ 編集 | 凍結 | 差分 | 添付 | 複製 | 名前変更 | リロード ]   [ 新規 | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | ヘルプ ]
Last-modified: 2005-12-06 (火) 01:08:44 (5671d)